17986884.jpgセカンドライフで、「自分がチャットを打ってる時」は
パソコンのキーボードを叩いてる様な動きをします
(但し、パソコン自体は見えません)
 
なので、セカンドライフの中ではキーボードを自作して
「チャットを書いてる最中はパソコンを打ち込んでいる姿」に
している人が多いみたいです

幸いにも、検索していたら
ここのホームページ
http://furryjapan.sakura.ne.jp/home.html

http://furryjapan.sakura.ne.jp/keybord.html
という部分に、丸々の作り方が書いてあったので
それを参考にして自分でも作ってみました

(*)参考というか、ほとんどコピペですね^^;
blogやホームページで公開されているソースや技術トピックをベースにしたり、
セカンドライフ内のフリーアイテムなどでソースが見れる物(no modifyでないもの)を
参考にして自分で作るのが結構一般的みたいなので、私もそうさせてもらってます^^;

・・・で、普通は「パソコンの形」だけ作って、見た目だけ付けるのかもしれませんが
それだと面白くないので、「パソコンのキーボードを打つ時は座って打つ」という
アニメーションを加えてみました
(というか、たまたま前回作っておいたsit02というアニメファイルがそのまま使えたので)

アニメーションファイルのアップロードの際に優先順位を最低にしてあったので、
もともと椅子に座ってる時とかは椅子に座った状態のまま普通に
キーボードを打ちますし、道の真ん中で突っ立って打ってる場合だけ
アニメーションが有効になって座り込んで打って見える感じになります

(ソース)
string anim="sit02";


default
{
state_entry()
{
llSetTimerEvent(0.2);
}

attach(key victim)
{
if(victim == NULL_KEY)
{

}
else
{
llRequestPermissions(victim,PERMISSION_TRIGGER_ANIMATION);
}
}

run_time_permissions(integer permissions)
{
if (PERMISSION_TRIGGER_ANIMATION & permissions)
{
}
}

timer()
{
integer Status = llGetAgentInfo(llGetOwner());
if (Status & AGENT_TYPING){
llSetLinkAlpha(LINK_SET,1.0,ALL_SIDES);

llStartAnimation(anim);

}
else
{
llSetLinkAlpha(LINK_SET,0.0,ALL_SIDES);
llStopAnimation(anim);

}
}