a2acbd81.jpg物づくりの続きという事で、
メタルギアソリッドであった様な気がするんですが
「段ボール箱をかぶって歩く」
というのを再現するかぶりものを作ってみました
 
自分の備忘録も兼ねて、作り方をメモしてみます

歩いてると「箱から足だけ出てる」状態で歩き、止まると
「箱だけ」になります
(メタルギアソリッドのダンボールのアレって、そんな動きでよかったでしたかね?)


1、形を作る
・・・基本の基本というか、プリム作成ボタンを押して最初にできる
四角形をそのまま使いますw

(※)テクスチャーだけ適当なのを張って、大きさを変更しただけで
本当に基本中の基本の四角形そのままです

2、一度「take」でインベントリに閉まってから、
インベントリのMy Inventory/Objects/object
(=作って保存したアイテム)を右クリックして
添付先/Stomach(胃)として自分に装着します

3、装着したら回転とかサイズ調整して、自分をすっぽり
覆うサイズにして、正面の角度とかも調整します
(角度はどうでもいいかもしれませんが、私は正面の角度を合わせました)
(※1)自分をすっぽり覆うサイズで、「足だけ出る」サイズにします
(位置も調整します)
(※2)サイズ変更する際には「両側を引き伸ばす」にチェックを付けておいたほうが
いいかもしれません

4、止まったときに足を隠したいので、「座るポーズ」のアニメーションを
作る事にします

5、Avimatorというフリーのソフトを使います

(参考サイト)
http://furryjapan.sakura.ne.jp/pose.html

参考サイトの作り方ほとんどそのままになりますが、
フレームを2枚にし、1枚目のポーズはデフォルトのままで
2枚目のポーズを座った形にして、sit02.bvhというファイル名で保存します

6、セカンドライフの「ファイル/アニメーションのアップロード」メニューから
sit02.bvhをアップロードします
アップロードの際に「Loop」のチェックを付けておきます
(静止ポーズ扱いなので)
また「優先順位」は最低の1にしておきます
(動いてる時は立って歩いてる動きを優先したいので、優先順位を最低に
してみました)

7、作っておいた箱を編集モードにして、
「コンテ」タブを選択して、Contentsという場所に、
インベントリに入っている先ほどアップロードしたアニメーションファイル
MyInventory/Animations/sit02
をドラッグ&ドロップして登録します

8、更に作成ウィンドウ(の「コンテ」タブ)で
「新しいスクリ」ボタンを押して、スクリプトを作成します

9、「箱を着ている間だけ座る」(ただし動いてる時はデフォルトの歩きの動きを優先)
という動きを実現する為に、
スクリプトを下記の様に書き換えます
(デフォルトで書かれてるソースは全部消して、こちらに書き換えます)

(※)尚、下記のスクリプトはフリー配布されている飲み物などオブジェクトの
組み込みスクリプトを参考にさせてもらってます
(というか、アニメの数が違うだけでほとんどそのままです^^;)
(ダンスパッドみたいな、「タッチしたらアニメ」って形だと、いちいち
許可していいか?ダイヤログが出てイマイチなんですが、装着オブジェクトの
スクリプトの場合には許可ダイヤログを出さなくても使えるので便利かもですね)

string anim="sit02";

default
{
attach(key victim)
{
if(victim == NULL_KEY)
{
llStopAnimation(anim);
llSetTimerEvent(0);

}
else
{
llRequestPermissions(victim,PERMISSION_TRIGGER_ANIMATION);
}
}

run_time_permissions(integer permissions)
{
if (PERMISSION_TRIGGER_ANIMATION & permissions)
{
llStartAnimation(anim);
llSetTimerEvent(15);
}
}

timer()
{
llStartAnimation(anim);
}
}