36a22a94.jpgセカンドライフをやってみようと思ってから、しばらく経つのですが・・・
 
・・・仕事が忙しかったりして殆ど全くINできないまま数ヶ月経ってしまった状況です

・・・で、ちょっとINしても何していいのか?が未だに分からなくて、これは
「やっぱり企業とかがビジネスになるとか騒いでるだけでつまんない物なのかな?」とか
思ったりして止めようかとも思ってたのですが・・・

・・・インターネット上のホームページ、ニュースサイトなどの情報を始め
本屋で技術書のコーナーで本を見ていてもセカンドライフ本や、セカンドライフの
クリエーター系の本が多数売られてたりすると、ついつい買ってしまいます・・・

・・・で、ちょっと時間的に余裕が出来たので、リンデンスクリプト言語とかの書籍を
読みつつ最近はゲームにも(なるべく)INする様にしてたりします
(チャットのログだけ表示しつつ仕事してたりもしますが)

最初は、町の中を散策してる程度だったんですが、最近は人が集まってる場所に
行ってみて横で話を聞いてたりする様にはなったものの、
初心者状況から抜けられそうになかったりしますが、
一人で動いてるよりは(横で聞いてるだけでも)話を聞いてる方が
面白いっていうのはMMORPGのゲームとかと一緒かもしれません

・・・で、MMORPGだとゲームの目的(モンスターとの戦闘なり)があったりして
時間食いすぎて困るほどのゲーム内目的があるので、ゲームを楽しみやすかったのですが、
セカンドライフでは「会話を聞いてる」、「会話をしてみる」以外に
「何を目的にしたらいいのかわからない」という意味で、ものすごくとっつきにくいです・・・

・・・じゃあ全然駄目なのか?って言うと、(実は1回そうも思いかけたのですが)、
そうでもないみたいで「何もできない」とか「何していいのかわからない」のではなくて
「何でもできる」もしくは「何でもできる可能性がある」って状況みたいで、
これは一般的にもよく言われてますが、
「大昔のパソコン(8ビットパソコンとか16ビットパソコンの時代/MS−DOSの時代)」とか
「簡単なホームページ(Web)」位しかなかった初期のインターネットの状況と
非常に良く似てるとは確かに思えます

つまり、(今言うと説得力が無いほど状況が変わってますが)、大昔
グラフィックなんてなくてテキスト(文字)しか表示できなかった様な
貧弱な機能のパソコンで、「パソコンは何でもできる(可能性がある)」って言う人が
いた頃は、一般的な反応は「何馬鹿な事言ってるんだ?ゲーム位しかできないし
ゲームすらゲーム機にも劣るものしかないじゃないか?せいぜいワープロ用途でしょ?」
って感じだった訳です
(その当時からビデオにもCDプレーヤーにも漫画にもなり得るって可能性の話はあって
当時は夢物語というか与太話としか思われてませんでしたけど、今や
現実にそうなってます。その意味では(TV電話とか)下手なSF的アイデアが現実になった話よりも
すごいというか、空想や想像を超えちゃった現実という側面があったりするかもしれません。少なくとも私は、いくら何でも出来るとは言っても
パソコンがビデオの代わりやマンガ本の代わりになるとは当時は思ってませんでした・・・)

インターネットの初期の頃(Netscapeすら出る前のブラウザがMosaicだった時代)とかでも、まだパソコン通信の方が主流(といってもそれすら一部のユーザー)な時代で
「ホームページって言われても、企業のつまんない広告位しかないしなあ」って状況だったのが、今やWebや掲示板やニュースサイトなしではいられないというか、
テレビや本を食う位の勢いの
メディアになってしまいましたし、そういう経緯(=そうなる前とそうなった後)を実体験してる私(だけじゃありませんが、私の世代?)としては
確かに言われてみるとセカンドライフが示している可能性には、同種の
可能性は感じる部分があって「今、確かに何していいかわかんないしつまんないんだけどwこのままやめちゃうのももったいない」という気がして仕方がなかったりします
(でも、やっぱり何していいのかわかんないんですけどね・・・)

もちろん、セカンドライフそのものがその可能性を体現するのか、
コンセプトは一緒でも別の物が体現する事になるのかは分かりません
・・・が、3D空間にユーザー自身が自分でオブジェクト(人や服や動きや車など)を作ったり、
それらの動きのプログラム(スクリプト)すらユーザー各自が自分で作れる世界というのは、
仮に違う物が成功する土台になったとしても、その方法論ややり方は基本的に
経験として蓄積・継続する可能性が非常に高いので、「どうしても無視はできないかな?」と思えて仕方ない部分があったりします・・・

・・・と、思ってる人多いんじゃないんですかね?
(可能性を否定できるんだったら、「こんなクソゲー」って投げちゃう所なんですけど、
なんかそれが出来ない今日この頃です・・・)