5e84d915.jpg私の地元である
埼玉県川越市霞ヶ関の角栄商店街にて、blogを応用した
商店街のインターネット化(ホームページ化)の試みが進んでます
 
(角栄商店街:暫定テストページ)
http://homepage3.nifty.com/karby/kakueihp/index.html

ポイントとなる点は、「ホームページ作成業者などに委託する」のではなくて
「商店街の各店の店長さん達」が「自分達自身で情報発信をできる」という点です


(※)内容や運用については、私はノータッチで、基本的に
パソコンやインターネットに関しては「普通のユーザー」である
人達が自らの手で運営できるという実験的な試みがポイントとなります


ちょっと検索しても、各地域の地元の商店街のホームページ化の試みというのは
それなりに見つかりますが、ホームページに力が入ってる/入ってないとか、
ホームページが綺麗/綺麗でないといった違いに関係なく
比較的共通して、「各店の紹介を1度書いたっきり全然更新がされない」とか
「更新されるけど、数週間〜数ヶ月に一度以下」とかのケースが多いかと思います

この試みでは、各店の店主が自分自身で投稿できる事によって、
その気さえあれば、リアルタイムに情報発信をすることさえ可能な点にあります

・・・とはいえ、次の壁もいくつかありまして、果たしてこれがどういう結果に
つながるのかは、技術的・運用面的に非常に興味深い実験結果となるかと思います